布引焼について
桜・絵皿 今から1000~1200年余り前、白鳳時代から平安時代にかけて、窯元の近くに広がる布引山系では須恵器や緑彩陶器が焼かれていました。緑彩陶器とは、中国の唐三彩をまねてつくられた古代の緑色の美しい陶器です。琵琶湖東岸地域の陶器産地として長く栄えましたが、その後1千年以上もの間途絶えていました。

1970年代になって、新しい陶器の世界を模索していた若き日の陶芸家・小嶋太郎がこの緑彩陶に魅せられ、それを現代風に再現することに取り組むようになります。その過程で考案されたのが、深みのある透明感を持った多様な色彩の窯変釉を使った絵付けの技法でした。


「七彩天目(ななさいてんもく)」と名付けられたその独特の色彩は、その豊かさゆえに、さまざまな風景や植物など自然の情景を自由な発想で陶器に描き込むくことができる画期的なものでした。布引焼は、この「七彩天目」という色鮮やかな絵付けの技法が切り開いた、新しい手描きの世界なのです。
小嶋太郎 小嶋太郎    Kojima Taro
陶芸家。1940年宮城県生まれ。
京都と信楽で陶芸を学び、1970年の大阪万国博のシンボル“太陽の塔”の「黒い太陽」の顔のレリーフ(陶板製)を岡本太郎氏と共同制作。
1971年に滋賀県八日市市(現:東近江市)に窯を開き、独自に開発した「七彩天目」と呼ばれる釉薬を使った技法で、優しく色彩豊かな陶板画の世界を切り拓く。
以後、多数の建築レリーフ(ビルの内外装)を手がけると共にオーナメントや食器なども制作、さらにはキッチンなどの住宅の壁面装飾(ウォールアート)にも取り組み、やわらかな「七彩天目」の世界を日常生活のさまざまな場面に拡大する。近年は、アラスカやミシガンなど米国でも個展を開いている。 代表作:「太陽からの風」
小嶋一浩 小嶋一浩    Kojima Kazuhiro
陶芸家。1972年滋賀県生まれ。
芸術大学卒業後、父のもとで創作陶芸を学ぶ。父と二人三脚で布引焼の世界を広げる活動に取り組む。
「ふくろう」をモチーフとした作品を得意とし、身長大の作品から小物類に至るまで、「七彩天目」の特性を生かした優しい「ふくろう」を幅広く手がける。近年は、その作品が病院をはじめとする公共施設や街角などにオブジェとして飾られるようになり、多くの人々の心を癒している。
代表作:「黄昏に翔ぶ」
市役所福籠オブジェ 70年代初めに小嶋太郎によって築かれた工房の周囲には大きな森が点在しており、それは工房のすぐ隣にも広がっていました。当時の森にはふくろうが棲み、いつも工房を見守ってくれているかのようでした。そこで、小嶋は「七彩天目(ななさいてんもく)」で焼上げたふくろうに「福籠(福がこもる)」と名付け、窯元のマスコットとしました。
以来、今日に至るまで、「福籠」の置物は布引焼のシンボル的な作品となって多くの人々に親しまれてきました。さらに近年では地域のシンボルとして広く愛されるようになり、2004年には地元の市制50周年の記念モニュメントに採用され、市内9カ所に設置されています。

福籠シリーズの陶芸作品は福籠の部屋ブログで紹介しています。
1970年の大阪万博のシンボルが岡本太郎氏の「太陽の塔」であったことはよく知られています。太陽の塔には、現在、過去、未来、の3つの顔が付けられていますが、その中の「黒い太陽」(お祭り広場側)が陶板で作られている事をご存じでしょうか。
実は、小嶋太郎は岡本太郎氏と共に、その過去の顔の制作に取組んだ人物です。そんな経歴もあり、当初はビルなどの壁面を飾る陶板レリーフの制作を主な仕事にしてきました。企業や学校、病院、図書館などの建築物を舞台に多くの作品を手がけてきましたが、それはいわば非日常空間を飾る「建築アート」であり、人々の日々の生活シーンからは遠い存在でした。
しかし時代が移り、人々は次第に日常生活の中にアートを取り入れるようになっていきます。80年代の後半になると、リビングや玄関に「布引焼の風景画」を飾りたいという人も増えてきました。そこで小嶋は「ビルの壁面」と共に「住宅の室内」にも活動の舞台を広げます。
現在では、リフォームを機にリビングやキッチン、玄関や浴室の壁面に陶板を取り付けたいという需要も増えてきました。布引焼は「暮らしのアート」の世界を充実させることに力を注ぎ、壁面(ウォールアート)から照明具、オブジェ、食器に至るまで、さまざまなシーンのインテリアをトータルに提供することを目指しています。
1971年 大阪万博「太陽の塔」の制作に関わったのを最後に、所属していた信楽の陶器メーカーを退社。布引山系を望む滋賀県八日市市(現、東近江市)に窯を築き、新しい陶芸への模索を始める。

1975年~ この頃から建築物の壁面レリーフの仕事が多くなり、滋賀県内はもとより、東京、大阪、神戸、京都などでも多数手がける。同時に、「七彩天目(ななさいてんもく)」の技法を独自なものに完成させ、1976年に初めての展示会を京都の百貨店の画廊で行う。以来、東京銀座の松屋ギャラリーなど各地で展示会を開催し、新しい陶芸の世界を広げていく。

1980年~ 「七彩天目」の技法で描いた食器や花器づくりを本格化させる。今日の多彩なテーブルウエアー作品の基盤となる。

1985年~ 壁掛け陶板(パネル)に風景画や植物を画き、絵画のような室内装飾品が誕生。同時に帽子型花入、人形、茶器など、「七彩天目」による新しい感性の作品が次々に生まれる。

1990年~ 大型陶板の作成に成功、1メートルを超える大作も画くようになり、現在のウォールアート技術の基盤が完成する。

1995年~ 「七彩天目」の特徴を駆使した絵付は、「樹立」「桜」「こもれび」「太陽からの風」の、各シリーズに広がり、それぞれにパネル、食器、花器などトータルに提供出来るようになる。国内の個展活動も活発化してゆく。

2000年~ 海外との交流が始まり、2002年には米国ミシガン州のスペリオル湖畔の街マーケット市に招かれ、初の海外個展を1ヶ月に亘って開催、市を挙げての歓迎を受ける。その会期途中でアラスカに向かい、念願のオーロラに遭遇する。アラスカの雄大な自然に魅せられた事やアラスカ大学との交流が契機となり、2004年には大学の協力も得てフェアバンクス市で個展を開く。

2005年~ 小嶋太郎の曽祖父、祖父、父が暮らした函館を始めて訪れ個展を開催、長年の思いを果たす。これを機に、函館の風景を画いたシリーズが加わる。また、リビングやキッチンなど住宅内の壁を飾る陶板「ウォールアート」の開発に力を入れ始める。
 
商号 株式会社 布引焼窯元
代表者 小嶋太郎
資本金 1,000 万円
創業 1971年 4月
所在地 527-0042 滋賀県東近江市外町466番地
TEL0748-23-1688 FAX0748-23-1695
営業時間 9:00~18:00(日曜のみ13:00~18:00)
定休日 毎日曜日の午前中
他の休日 12月30日~1月3日
主な事業 壁面レリーフ 陶画パネル 花器 食器 照明具 特注記念品 他
取引銀行 滋賀銀行八日市東支店
関西アーバン銀行八日市支店
湖東信用金庫緑町支店
ゆうちょ銀行